■ご使用前の準備と確認
警告
使用前には必ずガス漏れの確認、点火、消火の確認をしてからご使用ください。
故障または破損したと思われるものは使用しないでください。


■設置場所について
警告
下記のような場所での使用は火災やガス漏れの原因となり大変危険です。絶対にお避けください。

注意
家具や壁、木造構造物などの可燃物が近くにある場合、熱が伝わらないよう断熱処置を施してください。
これらが熱せられて低温火災の原因となることがあります。
注意
テーブル上でのご使用の際はガス機器の熱により
テーブル、テーブルクロスなどが 損傷する恐れがありますので、必ず断熱材を下に敷いてご使用ください。


■火災予防・ガス事故防止のために
警告
ガス機器による火災を予防しガス事故を防止するため、下記の項目を必ずお守りください。

@ ガスが漏れるとガスの匂いがします。この場合は、電気製品のスイッチの入・切、プラグの 抜き差しや火気の使用をしないですぐに次の処置をしてください。

  1. 直ちに火を止め、ガスの元栓を閉める。
  2. 窓や戸を開けてガスを外へ出す。
  3. ガス器具からのガス漏れの場合は点検修理を受けるまで使用をお控えください。

A 火をつけたまま外出などコンロのそばを離れたり、就寝しないでください。
B ガス器具の移動は必ずガスの元栓を閉めてから行ってください。
C 炎が小さいと自然に火が消えてガス漏れの原因となることがあります。火は中火以上でお使いください。
D 調理中は、煮こぼれやガスホースの踏みつけ、エアコンなどからの吹き込み風その他不慮の 出来事で、火が消えガス漏れを起こすことがあります。使用中はガス器具のそばを離れず、 時々ガスの燃焼状況を確認してください。
E ガス器具がバックファイヤー(バーナー部分ではなくその手前のガス管内部に火がついた状態)を起こしている場合、危険ですのですぐに火を消して正常な状態に火を付けなおして ください。
F 使用中は窓を開けるか、換気扇を回すなど、換気をして閉め切った部屋では使用しないでく ださい。
リンナイ、パロマなどのガス給湯器による死亡事故も多数報告されていますので、くれぐれもご注意ください。
G ガス器具を本来の調理目的以外に使用したり、市販の補助用具を使用したりはしないでくだ さい。


■自動点火(圧電)式バーナーの使用について
警告
警告 自動点火式バーナーは扱い方を間違えますと爆発させる場合があります。
操作の際は十分注意してください。

圧電式の自動点火バーナーはコックを振りきったときに1度だけ圧電素子から高圧の電流が流れ、種火用のガスに着火するようになっています。この際、コックを回すタイミングが早すぎますと、種火用のガスが出る前に高圧電流が流れてしまい種火に着火させることが出来ません。

これを繰り返しますと生ガスが周辺に充満してしまい、爆発をさせる恐れがあります。コックを回す際はゆっくりと回し、1〜2度着火動作をして点火できなかった場合は、続けて着火動作を行わず、換気の上、時間をおいてから行うようにしてください。


■空気調整について

警告
空気調整が悪いと、不完全燃焼や立ち消えの原因ともなります。
ガス器具ご使用の際は、必要に応じて都度、空気調整を行ってください。

レギュレーターの付いた機種は、炎の状態により空気調整が必要です。





バーナーパイプ
空気過多
(青火)
適正
(青火)
空気過小
(赤火)

炎の状態により、適宜レギュレーターを調整してください。


棒バーナーの火の走りが悪い場合は

空気調整を閉め気味(やや赤火ぎみ) にセットしてください。


■火傷(やけど)事故防止について
警告
使用中、使用直後はガスの炎が見えない部分にまで熱が伝わって、器具全体が高温になっていますので、取り扱いには十分注意してください。

@ 使用中、使用直後は調理部分だけでなく、器具全体(特に金属部分)が高温になっています ので必要なところ以外には手をふれないでください。

A 必要により器具に手または身体の一部および衣服などをふれる場合は、火傷防止の対策を講 じてから行ってください。

B ガス器具がバックファイヤーを起こしている場合、ガスコック自体も熱くなる場合がありま すので、ガスコックを操作する場合は注意してください。



©1996- Yamashita & Co., Ltd.
All rights reserved
且R下金物 Yamashita & Co., Ltd.
〒542-0075 大阪市中央区難波千日前14-2